病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

目の下のクマを手術で解消できます!失敗するとどうなるの?

スポンサーリンク

たるみや浮腫みが作る黒いクマ

目の下がたるんだり、あるいは浮腫むなどすると黒い影ができてしまい、それがクマに見えてしまうことがあります。

それは、下まぶたがたるみや浮腫のせいで膨らむことで凹んでしまうところができて影となってしまうからなんですね。

このようにしてできる黒いクマは、人の目には疲労困憊の顔に映ったり、あるいはやつれ顔に、さらに言えば老け顔にも映ってしまうかもしれません。

目元のたるみや浮腫みは、20歳代の若い方でも現れることがあります。老化というのは、スキンケアを怠ったり生活習慣に問題があったりしますと20歳代の方にも忍び寄ってきますからね。

若い方が、老け顔になど見られたくありませんよね。そもそも目の下の膨らみというのは、眼窩脂肪の存在が元凶になっているわけであります。このような、膨らみの元となっている眼窩脂肪には、どのように対処したらよいのでしょうか?

眼窩脂肪を取り除く手術が有効

黒い目のクマの原因となる目の下の膨らみは、眼窩脂肪を手術によってまぶたの裏側から除去してしまう治療が効果のある方法の一つです。

この方法は、下まぶたの裏側を切開することで余分な眼窩脂肪を取り除いてしまうわけですから、現実的で効果のある方法と言えるでしょう。手術によって、クマの原因となっていた膨らみがなくなりますから目元はスッキリとした感じになります。

切開する場所は、まぶたの裏側ですから外側から傷跡が見えることもありませんし、手術後に抜糸をすることもありません。

また、手術は日帰りできますし、手術後の経過は翌日の軽度な浮腫み程度で、それもすぐに治まります。

眼窩脂肪除去手術は、患部に対する直接的は治療になりますので、目の下の膨らみはすぐに解消することができる即効性のある方法と言えるでしょう。

将来的な深いシワとなるたるみ

目の下の膨らみは、皮膚を伸ばすことになりますので、時の流れとともにハリが失われると深いシワになってしまいます。眼窩脂肪除去手術は、黒いクマを解消するだけではなく、将来的な深いシワを防ぐ意味合いもあるのです。

ということで、眼窩脂肪の存在というのは、なかなか厄介なものでもあるわけですね。

手術に失敗するとどうなるの?

手術というものに、100%成功するという保証のできるものがあるわけがありません。必ずリスクは存在するんですね。それは、眼窩脂肪除去手術においても同様なのです。

それでは、眼窩脂肪除去手術に失敗するとどのような問題が発生するのでしょうか?

手術に対して後悔をしている方たちのコメントを拝見しますと、「クマが悪化してしまった」とか「手術後の皮膚のピリピリした感じが治まらない」「シワが酷くなってしまった」などという声があります。

もちろん、成功して満足されている方たちの方が多いわけですが、手術にはリスクがつきものであることを認識していただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク