病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

紫外線などが原因で色素が沈着してできる茶色いクマを治す方法!

スポンサーリンク

茶色いクマができるのはなぜ?

茶色いクマは、茶グマなどとも呼ばれることがありますが、これは紫外線を浴びたり、あるいは目の周辺を擦るなどした摩擦が原因となって色素沈着が起きることでシミとなってクマに見えてしまうわけであります。

人間の顔の目の下というのは、非常に紫外線の当たり易い場所と言われておりまして、対紫外線のことを考える場合、最も注意すべきポイントでもあるんですね。

また、目の下の皮膚というのは0.6ミリと非常に薄く繊細にできておりまして非常にデリケートな部位となっております。そこを無頓着に擦ったり、あるいは化粧を残したりしますと、やはり色素の沈着が起きてしまってクマができることもあるのです。

目の下という場所は、常に脅威にさらされていることから、それらから守るために注意を払うべきなのであります。

紫外線対策を怠らないこと

茶色いクマは、言ってみればシミなわけですからシミ対策が有効です。そして、シミ対策はイコールる紫外線対策でもあるわけですから、紫外線を防ぐ手立てを怠ってはいけません。

外出する時は、帽子や日傘、そしてサングラスに長袖の衣服を着るなどで紫外線対策には万全に備えましょう。ついつい怠りがちなのは、曇の日のことです。例え天気が曇りであっても、紫外線は容赦なく降り注いでおります。

例え曇の日でも、晴天時と同様の対策をする必要があるんですね。特に、紫外線の強くなる季節は注意が必要です。

注意が必要な化粧品と摩擦

多くの女性の方は、化粧をすると思いますが、実は肌に化粧の残りがあったりしますと、色素沈着が起きることもあります。そうすると、茶色いクマができてしまうわけであります。したがいまして、メイク落としは確実に行う必要があるんですね。

また、油分の多い化粧品は紫外線に対する反応をより強くしてしまうことがありますので、目の下での使用は控えるべきでしょう。

時折、目を無頓着に擦る方たちがいらしゃいます。皮膚を擦るという行為は、色素の沈着を招くことになりますのでご注意くださいね。

茶色いクマを治す方法とは?

茶色いクマを治すためには、美白効果のある化粧水や美容液を使うと良いでしょう。また、皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうという方法もあります。

ただし、濃度が5%のハイドロキノンは動物実験の結果、発癌性を指摘されたことから一部ヨーロッパの国では使用の禁止措置が取られておりますので、濃度にはご注意くださいね。

茶色いクマを治す方法の中でも最も効果があるのは、専門医によるレーザー治療やピーリング治療になるでしょう。やはり専門家による治療が、一番適した方法で行ってくれますから当然のことですよね。

ただし、レーザー治療などは保険の適用外となりますので経済的な負担は大きくなることの覚悟は必要です。

また、地道な努力が必要となりますが、肌のターンオーバーサイクルの正常化に取り組むことも効果のある方法となります。

そもそも皮膚にシミができるのは、肌のターンオーバーサイクルの遅れが出ているからでもあるんですね。したがいまして、食生活や生活習慣を見直すなどして、ターンオーバーサイクルの正常化を図ることも大切なことです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク